ドコモ、わずか49gのディスプレイグラスを開発中!試作機を公開 すまほん!!

 NTTドコモは、軽量ディスプレイグラスの試作機を発表しました。わずか49gの重量が特徴。

 USB Type-C 端子に、DisplayPort Alternate Mode対応のAndroidスマホなどを接続可能。4m先を見ると約100インチ相当の大画面で表示可能に。

 ディスプレイは透明構造により装着時も周囲の状況を確認可能。何かをしながら動画等を表示しておくといったことが可能に。透過度の異なるフロントアタッチメントをワンタッチで交換も可能、画面のコンテンツへの没入度を高められそうです。

 画面方式はOLED、解像度はFHD(1920×1080)、FOV(視野角)は約40度。ステレオスピーカーやマイクを搭載。遠隔勤務に役立てることもできそうです。

 FHDで両眼表示が可能なグラス型デバイスとしては世界最軽量の本機。長時間使用しても疲れないといいます。

 2021年2月4日から2月7日まで一般公開のdocomo Open House 2021にて紹介されます。

こんな記事も読まれています

噂:国内SIMフリー版「Xperia PRO」は新型「α」と同時発表、1月27日予約開始か

国内登場にも期待したい!サムスン、「Galaxy Fit2」「Galaxy Charger Trio」「Galaxy Tab A7(2020)」を発表

噂:iPad Air 4が出る?ライトニングではなくUSB Type-C対応かも

ついに正式制定。ファーウェイとZTEの機器認証を制限する法律、バイデン大統領が署名

来ました5G対応「Androidタブ」!ソフトバンクが「Lenovo TAB6」発売へ