背面ディスプレイ搭載!? 異形カメラを持つシャオミ「Mi 11 Ultra」実機がリークされる すまほん!!

 Xiaomiの「Mi 11 Ultra」が、フィリピンのYouTubeチャンネルTECH BUFF PHによってリークされました。

 今回リークされたのは、なんと実機の動作映像。そのうえ、黒と白の2つのカラーバリエーションのモデルを入手しています。

 ひと目で気づくのが、そのカメラユニットの大きさ。同社のPOCO M3のように横長であるだけでなく、SamsungのGalaxy Note 20 Ultraなみに出っ張っているように見えます。Note 20 Ultraでは机に置いたときのガタつきが問題になっていましたが、こちらは横に長いおかげでむしろ安定しそうです。

音響はharman/kardon 画像出典:TECH BUFF PH(ミラー)

 スペックは、メインカメラが5000万画素、超広角カメラ、ペリスコープ望遠カメラはともに4800万画素。またカメラユニットには、白のモデルに「120X ULTRA PIXEL AI CAMERA」、黒のモデルに「120X 12-120mm 1:1.95-4.1 AI CAMERA」と書かれていることから、Mi 10 Ultraに引き続き光学5倍のペリスコープ望遠レンズを搭載、120倍ズームに対応している模様。数値だけ見ると、OPPOのFind X2 Proのように超広角にもメイン級のセンサーを搭載するという戦略をとっているように見えます。

 さらに興味深いのが、カメラの横に配置された小さなディスプレイ。映像では、前面ディスプレイに表示されているものを、そのままこちらにも表示しています。

 その他の用途として思いつくのは、SamsungのGalaxy Z Flipのサブディスプレイのように、時刻や通知の確認、音楽プレイヤーの操作、背面カメラのプレビュー表示などでしょうか。

 その他言及されているスペックは以下の通り。

OS Android 11、MIUI12.5
SoC Snapdragon 888
画面 6.8型 (WQHD+) 120Hz適応リフレッシュレート OLED
4辺曲面パンチホールディスプレイ
Corning Gorilla Glass Victus
カメラ 5000万画素 メインカメラ
4800万画素 超広角カメラ
4800万画素 ペリスコープ望遠カメラ
インカメラ 2000万画素
電池 5000mAh、67W有線、67W無線、10Wリバース
その他 IP68等級の防水性能、Harman/Kardon監修スピーカー

 このリークに関してXDA-Developersは、裏面に表示されている型番(M2102K1G)が、インドのBISとEUのEECという2つの制度で最近認証されたXiaomi端末のものと一致していると指摘。加えて、信頼できるXiaomiの情報提供者であるkacskrz氏が、開発中のXiaomiフラッグシップのコードネーム「star」が「K1」で終わるモデル名になることを確認したことから、「K1G」は「star」のグローバル版である可能性があると述べています。

海外スマホ個人輸入の定番
etoren
ETOREN イートレン
使い方