Galaxy S22はサイズ感良く持ちやすい、万人向けの選択肢だ すまほん!!

 サムスン電子ジャパンはGalaxy S22を正式発表。国内では4月21日発売します。

 色展開はファントムホワイト・ファントムブラック・ピンクゴールドの3色。

 オーソドックスな白黒も良いですが、ピンクゴールドのラグジュアリー感は素敵ですね。

 前面は国際版と同様です。ベゼルレスデザインが特徴となっています。厚くなりがちな下部ベゼルもしっかり狭いのが魅力的ですね。

 Snapdragon 8 Gen1や120Hz 6.1型 OLEDを搭載したハイエンドスマートフォンながらも、持ちやすい筐体が特徴です。小さすぎず大きすぎません。

縦長すぎないし幅も控えめ、バランスのいいサイズ 幅 S22 70.6mm, iPhone 13 Pro 71.5mm

 またプラスチックではなくマットなガラスへと変更されており高級感も増しています。重量は比較的軽い171gに抑えられているのも持った時のフィーリングの良さに貢献していると思います。大型化一辺倒だったハイエンドスマートフォンでしたが、それでも持ちやすいハイエンドの選択肢をしっかり用意するのが各社トレンドであり、Galaxy S22も従来どおりその選択肢を確保していると言えます。

S22 Ultraは幅78mmと大きい 左からiPhone 13 Pro Galaxy S22 Xiaomi 12X 国際版Galaxy S22 Ultra

 カメラ機能としては今回、夜景撮影(ナイトグラフィー)を推していました。ソフトウェア処理によってノイズリダクションをかけています。ポートレートでの夜間撮影にも対応します。

 特にOneUIは完成度が高く多機能で利便性も高いので、ハイエンドスマートフォンの中でも万人におすすめしやすい一台だと言えます。

 既に取扱事業者で予約が開始されています。

NTT docomoの最新端末をチェック。
ドコモオンラインショップ
KDDIの最新端末をチェック
au Online Shop