カメラ対決!Galaxy S22 Ultra 対 S21U 対 Xperia 1 III 対 iPhone 13 Pro すまほん!!

 先日国内版が発表されたGalaxy S22 Ultraですが、「Sペン」と並んで目玉機能である「カメラ」について、各社ハイエンドモデルと比較しながらレビューします。

 Galaxy S22 Ultraは、超広角カメラ、1億800万画素センサーの広角カメラ、光学10倍ズームカメラ、光学3倍ズームカメラの4眼に加え、レーザーオートフォーカスを搭載しています。カメラ構成的には前モデルのGalaxy S21 Ultraと変わっていませんが、実際の実力を試したく、様々なシチュエーションで撮影を行いました。

日中

 各端末、味の異なる色合いになっています。Galaxy S22 Ultraが一番鮮やかな色合いに仕上がっています。「SNS映え」を意識した処理が施された結果でしょうか。

 夕暮れ時のほぼ逆光状態での写真です。Galaxy2機種はHDRで手前の道路や木がかなり明るく撮影できています。S21 UltraとS22 Ultraを比較するとS22 Ultraの方が空の白飛びが少なく見えます。

 普段使いでもかなり使う3倍望遠。Galaxy S22 Ultraは立体感がありますが、他2機種はのっぺりとして平面的な印象を感じます。

Galaxy S22 Ultra

iPhone 13 Pro

Xperia 1 III

 Galaxy S22 Ultraは10倍ズームでも十分使い物になる画質です。荒い印象を一切感じず、雲の細かい部分までしっかりと撮影できています。

 超広角での1枚。やはりGalaxy S22 Ultraの色付けが鮮やかな印象を受けます。こう見ると、iPhone 13 Proの画角の広さがよく分かります。

 ズームでの動画も使い物になりそうです。

食事

 食事は、Galaxy S22 Ultraの自動認識での色付けがやはり強すぎる気がします。Xperia 1 IIIも同じくらいの黄色さがあり、Galaxy S21 Ultraが一番美しく、美味しそうに感じます。 

夜景

 夜景です。やはりセンサーサイズの大きさのおかげか、ノジマのロゴもつぶれず、docomoタワーの時計の下あたりも明るく映っています。

 100倍ズームを使用した月撮影。Galaxy S22 Ultra(左)での進化を感じるかと言われれば微妙ですが、色見がGalaxy S21 Ultra(右)とは異なり”現実に近い色”となりました。

高度な「修正」機能も

 不必要なものを簡単に消すことができる「オブジェクト消去」機能が搭載されています。人や建物など、「いらない」と感じたものを簡単に消すことができます。例えば、奥の建物が邪魔だと感じた時、ワンタップで削除して、近い感じに補完してくれます。

 影や消すことができます。影が映り込んでしまうことは良くあることなので、この機能は非常に便利ですね。右が加工後。端末の影を消せました。ジャギが入ってるのが若干気になりますね。

 以下、反射の消去。左が元の写真、反射を消したのが右。

総評:良好、ズーム最強

 一般的な昼の風景はもちろんのこと、夜景もかなり美しく撮れる端末になっています。ズームも10倍でも十二分に実用的なスペックを持っており、使い方の幅が大きく広がります。他社ハイエンドに勝るとも劣らないGalaxy S22 Ultraのカメラ機能、ぜひ一度試してみて欲しいものです。Galaxy S22 Ultra全体のレビューはこちらで公開しています。

 国内版の発売は4月21日、au版価格は17万8820円となっています。

NTT docomoの最新端末をチェック。
ドコモオンラインショップ
KDDIの最新端末をチェック
au Online Shop