速報:AQUOS R7、全バンド対応!eSIMにも対応の最強仕様へ すまほん!!

 シャープは新型旗艦スマートフォン「AQUOS R7」を正式発表しました。本機はLeicaと共同開発で1型の新型カメラシステムを搭載します。

 投入事業者はNTT docomoとSoftBankの二社となっています。

 ソフトバンク版もドコモの5G Sub6 n79に対応することが既にわかっており、発表会質疑応答にて、AQUOS R7はプラチナバンド含めて全バンドに対応することが明らかにされました。

 闇雲に対応しているわけではなく、あくまで認証や開発、商品の部材、経済合理性の中で最適に判断した上で、今回の機種は全バンド対応。

 総務省が周波数制限について検討やメーカーへのヒアリングを実施しており、シャープとしても聴取を受けたとしており、内容についてはとりまとめで開示されるものと認識、現段階での回答内容への言及は避けました。

関連:「主要周波数対応マーク」提言。MVNO団体が総務省会合にて

 またメーカーとしてeSIM対応の機種でもドコモ版はeSIM非対応となる例もありましたが、両キャリア版eSIM対応。今回はキャリア意向に沿ってドコモ版でも対応したとのこと。

 なお公開市場向けSIMフリー版についてニーズや市場動向を気にしながら「検討中」。

 海外展開は「検討中」で現時点で決まったものはないとのこと。

関連:前機種ネガほぼ全潰し!シャープ本気のAQUOS R7はココが凄い

NTT docomoの最新端末をチェック。
ドコモオンラインショップ
SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ