iPhone/iPadの文字入力中に「元に戻す」「取り消す」にはiPhone/iPadを軽くシェイクする

Shake iPhone!

ご存じですか?iPhoneやiPadのキーボードには入力などの操作を誤ったときに使うための「元に戻す」「操作を取り消す」というメニューやボタンはありませんが、ちょっとした操作でこれを呼び出すことが出来ます。やり方は簡単で、iPhoneやiPadをシェイクするとこんなメニューが横から飛んできます。

この「取り消す」ボタンを押せば、入力/貼り付け/切り取り/文字削除(バックスペース)などの操作を一段階取り消すことができますよ。

ちなみにシェイクと書きましたが、iPhoneならそんなにぶんぶん振り回す必要はありません。腕をスナップさせるようにして、強めにクイっと振ってあげるのがコツです。慣れると、このメニューが画面の端から飛び出てくるアニメーションもあいまってなかなか楽しかったり。

ちなみに、取り消した後にもう一度シェイクすると…

さらにもう一段元に戻す、若しくは先ほどの戻しをキャンセルする「やり直し」メニューが出現します。もう一度ふると更に戻す、これで何段階か操作を遡れるようですね。

ただ、iPadの場合はどうしても結構大げさにブンブンしないとこのメニューが出てこない場合があり、結構大変です。あんまり無理すると手から落としちゃいそう。スポーンって…。僕の場合、iPadは基本的に机に安置して使うことが多いので、いちいち持ち上げて振らないといけないのも面倒です。

アップル – iPad – フィードバック

というわけでフィードバックを出しておきました。

Pagesや7notesなどでは、こういったボタンが標準的に配置されていますので、現時点では、気合い入れて文章書く時なんかは、そういった機能を持つアプリを使うこともオススメしたいです。