「Kindle FireHDに突然の不具合が発生 新品交換までの流れ」デジほん14冊目

 Amazon で電子書籍データを購入し、さてお布団に入りながらじっくり読むかと思い、Kindle Fire HDを手に取ると、なんと液晶に横線が……。

 落下させた記憶もなく、不良の責が自分にあるとは思えなかったので、早速Amazonに連絡!結論から言えば新品交換でした

どうやって問い合わせる?

 Amazonはネットショップを本業とする会社であり、ハードウェアの製造・販売は本業ではありません。そのため、「どうやって問い合わせれば良いのか」「問い合わせにたいして、正確な返答が返ってくるのか」いろいろと不安でしたが、無用の不安に終わりました。

 Amazonのカスタマーサポートにアクセスすると、すでにKindleの項目が用意されていました。

 選択するとアクティベーション(認証処理)されたKindle端末が表示されるので、該当する端末を選択します。

(Mikiとついているのは筆者がつけた名前です。筆者はデバイスを大事にするためや、管理を簡単にするために、端末に名前をつける習慣があります。他にもKindle PWにはKanonとか実験用のKindle Fire HDにはMisumiとか付けたりしてます) 

 すると、以下のような問い合わせ内容が表示されるため、該当する項目を選択します(今回はKindle端末を選択)。

 さらに、詳細内容を選ぶことができたので「Kindle端末のトラブルシューティング」を選びました。

 すると、問い合わせ方法が選択できるようになります。筆者はこういった内容は電話で済ませる人なので[電話で問い合わせ]を選択しました。

電話で症状を報告する

 電話番号を入力すると、Amazonのサポートから電話がかかってきますので、今回の症状を報告します。

サポート(以下:サ)「高いところから落とされたり、水に濡らされたりしていませんか?」

私「いいえ、そのようなことはしていません」

 と返答。すると

サ「一年の無償サポート期間内のため、新品の手配を致します。今から新品の手配をいたしますので、明日にはお届けできるかと思います。不良品はこの後ご連絡するE-メールに記載された宛先へ30日以内に着払いでお送りください」

 という、すばらしいの返答が!!

 しかし、ここまであっさり「新品交換」の声が返ってくると、不安になってしまうのが、人の性というものです。そこでいくつか、質問をしてみました。

私「変なことを聞いて申し訳ないのですが、たとえば不良品を送り返し、新品に交換していただいた後、御社の検証などで落下や水濡れがわかった場合はどうなるんですか?」

サ「原則、電話でお伺いした内容に問題があるか否かで判断を行うため、後日、料金を請求するようなことは致しておりません」

ここがポイント

  • 標準の保証は一年(別途、延長保証もあります)
  • ユーザに過失がない場合は無償交換
  • 新品を受け取った後、不良品を30日以内に着払いで返送する
  • 後から料金が請求されることはない(よほど悪質だと別かもしれませんが)

新しいKindleが到着

 というわけで、問い合わせをした次の日には新品のKindle Fire HDが我が家に届きました。これだけ、さっくりと新品交換をしてもらえるとは、とても気持ちが良いですね。

 Kindleでは端末のアクティベーション時にAmazonのIDを入力するので、情報が一元管理されており、スピーディな解決につながるわけですね。

 もしも、使っていて何かがおかしいなと思われた方は、是非一度問い合わせをしてみると良いかもしれません。

リンク:Amazon.co.jp ヘルプ

この記事にコメントする

comments powered by Disqus