軽い、安い、デキる!三拍子揃ったWP8端末「Nokia Lumia 520」レビュー

 スマートフォンは、どんどんファブレット(大型)化、そしてとりわけ国内市場においてはリッチ化の傾向にある昨今。今回お借りしたのは「世界最安」を謳って登場したNokiaのスマートフォン「Lumia 520」です。

 しかも軽くて、重量は124g。持った感じはかなりしっくりきますね。Lumia 800、820、720などと同じマット素材の背面カバーです。

 iPhone5、520、800を並べたようす。不思議と大体同じぐらいのサイズですね。

 前面はフルフラット。側面のボタンは他のLumiaシリーズ同様、カメラ、電源、音量キーという配置ですね。

 画面サイズは4インチ WVGA(800×480)のIPS液晶。4インチっていうと最近では小さい方なのですよねえ。しみじみ。もちろんWindows Phone 8搭載で、SoCはSnapdragon S4です。動作もサクサク。

 バッテリー容量は1430mAh程度。LTEには非対応。

 日本言語、日本地域にも対応。Nokia謹製プリインアプリ「HERE Maps」「HERE Drive」「HERE Transit」には、日本では期待できなさそうですが。

 ディスプレイ設定から、「Super Sensitive Touch」を有効にすることが出来ます。920 / 820にも搭載されていた機能ですね。

  これはいわゆる「手袋モード」です。手袋をはめたままでもタッチ操作可能に。感度がめっちゃ高いので、スプーンだろうが何だろうが反応しますよ!

 定価は139ユーロ。Amazonでは2万5千円Expansysでは2万円弱で購入できます。WP8端末としては最安クラスです。

 とりあえずWindows Phone 8を体験してみたい、という人にはおすすめです!

機材提供:EXPANSYS (http://www.expansys.jp/)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus