ハイスペックモデル「LG G2」のドコモ版「L-01F」がリーク――バッテリー容量100mAh減、日本独自機能対応を確認

 検閲により利用できないTwitterに代わって、中国で台頭しているWebサービス「微博(Weibo)」で、LGの新機種「G2」の写真がリークされています。

 89ada039jw1e8ne1zl309j20700ddgm0 89ada039jw1e8ndxqt3t1j20710d1weh

  バッテリーには日本語で「NTT ドコモ 電池パック」などとの記述があることから、LGの日本市場向けモデル「G2 L-01F」であると考えて間違いなさそうです。

 グローバルモデルの特徴的であった背面ボタンは健在。(CLIE TH55っぽくて好印象) FeliCaマークやワンセグアンテナが確認でき、日本独自機能に対応していることが伺えます。なお、グローバル版のスペックは以下の通り。

 チップセット Qualcomm Snapdragon S800
2.26GHz クアッドコアCPU 
 ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920*1080) 
 メモリ(RAM) 2 GB LPDDR3 
 内蔵フラッシュメモリ 16 GB / 32 GB 
 カメラ リア: 13.0 MP(光学式手ぶれ補正) 
フロント:  2.1 MP
 バッテリー  3000 mAh
 Android バージョン 4.2.2 Jelly Bean 
 サイズ  138.5 * 70.9 * 8.9mm
カラー  ホワイト / ブラック 

 ただし、今回リークされた写真を見る限りは、電池容量は100mAh少ない2900mAhへと変更がなされています。

 一体どのような経路で「Weibo」に流出したのか詳細は不明。CEATEC JAPAN 2013でNTTドコモは一部冬モデルの先行展示を行いますが、何か関係はあるのでしょうか。このように、秋冬モデルに関するさまざまな噂が聞こえてくる頃合いになってきましたね。

情報元:Weibo 経由:juggly.cn

この記事にコメントする

comments powered by Disqus