ソニーの変態レンズカメラ「Cyber-shot QX100 / QX10」の日本国内販売が決定!――発売日は10月25日に。

Capture_2013_09_12_16_21_32_238

 SONYのレンズスタイルカメラ「Cyber-shot QX100 / QX10」の、日本国内での販売が発表されました。市場推定価格は「DSC-QX100」は5万5000円前後、「DSC-QX10」は2万5000円前後。発売日は10月25日となります。

 本製品は、スマートフォンを手軽にコンデジ化してしまおうというコンセプトの新しい製品です。海外のイベントIFA2013で正式発表され、大きく話題となりました。 

 XPERIAだけでなく、PlayMemoriesをインストールできるAndroidおよびiOS端末でも利用可能。付属する「スマートフォンアタッチメント」により、幅54mm以上75mm以内、厚み13mm以下のスマートフォンに装着できます。

img_002

 NFC対応機種なら煩雑な初期設定を省略し、ワンタッチで接続。端末側のPlayMemoriesアプリから、Wi-Fiによる無線接続を介して操作を行うことが出来ます。

 

DSC-QX10

QX10_Main1-1200

  • 1 / 2.3型 18.2 メガピクセル ソニー製CMOSセンサー Exmor R & 画像処理エンジン「BIONZ」
  • ソニー製7群レンズ「Gレンズ」 光学10倍ズーム対応
  • 本体重量90g バッテリー装着時105g

DSC-QX100

QX100_Main1-1200

  • 1型 20.2メガピクセル ソニー製CMOSセンサー Exmor R & 画像処理エンジン「BIONZ」
  • Carl Zeiss製6群7枚レンズ「Vario-Sonnar T*」 光学3.6倍ズーム対応
  • 本体重量165g バッテリー装着時179g

情報元:SONY

[追記]オンラインのSONYストアでは既に「先行予約販売」が開始されており、10月25日以降、入荷次第順次発送という形になります。品薄が予想されるため、確実に欲しい人はお早めに。(ちなみにQX10の白をポチりました)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus