ドコモ版・グローバル版とは何が違う?期待のソニー主力機種「au版XPERIA Z1 (SOL23)」を総チェック!

 世界シェア3位を狙うSONYが、満を持して日本市場に投入するのが「XPERIA Z1 SOL23」です。製品の特徴はどこか?グローバル版やドコモ版等とは何が異なるのか?チェックしていきましょう。

 

ロゴ

sony-logo-kddi-au-xperia-z1-sol23

 XPERIAのフラッグシップモデルがそのままKDDIに投入されるのは、初めてのことです。

 優れたデザイン性を損なわないよう、フロントパネルには、上部にSONYロゴが配置されるのみで、非常にスッキリとしています。メーカー開発者は各種インタビューでロゴを含めてデザインしていると明言しており、これが本来あるべき、当然の姿と言えます。

 リアパネル中央部のロゴはSONYではなくXPERIAに変更。キャリアロゴとメーカー型番が背面下部に小さく刻印されています。

kddi-au-xperia-z1-sol23

 

ハードウェア

sony-xperia-z1-led

 XPERIA Zでは防水キャップの開け閉めが必要でしたが、イヤホンジャックはキャップレス防水となり、剥き出しになっています。これは素晴らしい進化です。通知LEDはSONYロゴの上にあります。

 グローバルモデル同様、側面にマグネットチャージャーの充電端子を搭載。これにより、microUSBの防水キャップを開け閉めせずに充電可能です。これを活用することで、防水性能を長く保つことができます。

Capture_2013_10_07_06_38_19_126

 ただし、マグネットチャージャーが付属されるのか、au+1collectionでの取り扱いとなるのか、まだ未定だそうです。(個人的にはHTC J Butterflyの卓上ホルダのような事態は二度と避けて欲しい)

 また、グローバル機には珍しいストラップホールもあります。スピーカーは下部に左右対称に配置されており、縦に持った時の音の偏りは無さそうです。シャッターキーがあるのもポイントです。(シャッターキーはZにはなく、Aにはあった

xperiaz1

 

ディスプレイとサイズ感

xperia-z-ntt-docomo-so-02e-z1-kddi-au-sol23

 ディスプレイの色味はXPERIA Zよりも、若干いいように感じられます。視野角についてはXPERIA AXやZ Ultraといった、IPS液晶を採用した機種に比べると見劣りします。もちろん多人数で楽しむようなシチュエーションが無ければあまり問題にはならない点です。

 厚みはZの7.9mmから、8.5mmに増していますが、厚くなったという実感はさほどありません。

Capture_2013_10_07_06_37_41_272

 重量はグローバル版よりも2g増し、171gとなっています。この点はNTTドコモ版のSO-01Fも同様。個人的には全く気になりませんが、幅74mmと広めなのもあって、人によっては片手操作に疲れるかもしれません。ストラップホールがあるので、ハンドストラップを付けたいですね。

 

スペック

 基本的なスペックはグローバル版とほぼ同じですが、前述の重量の他に、Gレンズの横にアドレス交換用の赤外線ポートが追加されている点が差異となります。

sony-xperia-z1-g-lens

 おサイフケータイワンセグ/フルセグも搭載。ワンセグは録画にも対応ですが、フルセグは視聴のみ。ドコモ版はさらにNOTTVにも対応します。

 グローバル版の内蔵ストレージは16GBですが、ドコモ版とKDDI版は32GBへとスペックアップされているのも嬉しい点です。

 チップセット Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.2GHz クアッドコア 
 ディスプレイ 5インチ TRILUMINOSディスプレイ TFT液晶 
解像度 フルHD(1920*1080) 
 実行用メモリ(RAM) 2 GB 
 内蔵フラッシュメモリ 32GB + microSDスロットあり 
 カメラ 1/2.3インチ 2070万画素CMOS Exmor RS for Mobile
Gレンズ 広角27mm F値2.0
BIONZ for Mobileエンジン
 バッテリー 3000 mAh
 Android バージョン 4.2.2 Jelly Bean 
 サイズ 144 x 74 x 8.5mm  重量171g
カラー  ホワイト / ブラック / パープル 
その他 防水防塵 IP55/IP58、赤外線、おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグ

 

ソフトウェア

sony-logo-kddi-au-xperia-z1-sol23-lte

 通知バーのトグルスイッチは二段で、ユーザーのカスタマイズも可能です。

 なお、グローバル版に搭載されているバッテリーSTAMINAモードの搭載は見送られており、ドコモ版とKDDI版の展示機の「電源管理」の項目にも、やはりSTAMINAモードを確認することはできませんでした。待機中の電池駆動時間を大幅に伸ばせるのが便利であっただけに、残念です。

Capture_2013_10_07_06_29_26_941

 

 

発売日と値段

 10月7日時点ではまだ正式な発売日と価格は発表されていません。発売時期は10月下旬とのみアナウンスされています。(グローバル版は既に出荷中、価格は7万円台より)

 

周辺機器

 KDDIは、au+1 collectionの枠内としてレンズスタイルカメラを扱います。NTTドコモから販売の予定はありません。

 

総評:これは「買い」

 筆者はNTTドコモのiPhone 5sとGALAXY S4を発売日に購入しており、現在も利用中のため、XPERIA Z1は、KDDIにて発売日に購入することを決めています。

 かつてSony Ericssonがハイエンドスマートフォンの市場で勝負することを決めたのがXPERIA X1であり、5年の歳月を経て、SONYが新章の幕開けに選んだのがXPERIA Z1です。そのターニングポイントとなる重要な機種において、グローバル版の良さを可能な限り生かそうとするKDDIの姿勢に共感しました。

 STAMINAモードがないのは惜しい点ではありますが、安心してSOL23を購入することができそうです。

 

XPERIA Z1 ( SOL23 / SO-01F ) 最新情報 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus