京セラのサファイヤガラスを搭載した「軍用規格」対応タフネススマホ「Brigadier by KYOCERA」正式発表。

 京セラは、北米市場向けにスマートフォン「Brigadier by KYOCERA」を正式発表しました。

brigadier-by-kyocera-for-verizon

 米国防総省の装備調達のためのMIL規格(Military Standard 810G)に準拠した耐久性・ 防滴性・防塵性を備えています。温度、湿度、衝撃、振動でも壊れない堅牢さを持ち合わせています。

kyocera-brigadier-tough

 さらにディスプレイには、5.5インチ版 iPhone 6への搭載も噂されているサファイヤガラスを採用。これまでよりも強力な耐久性を備えています。

 京セラ端末によく搭載されているSnapdragon 400を採用し、スマートフォンとしての性能は控えめです。

 SoC Qualcomm Snapdragon 400 MSM8926 1.4GHz クアッドコア
 ディスプレイ 4.5インチ, HD解像度
 実行用メモリ 2 GB
 ストレージ 16 GB 
 カメラ 背面:800万画素
前面:200万画素
 電池 3100mAh
 OS Android 4.4.2 KitKat
 寸法  136 x 68 x 13
その他  MIL-STD-810G

verizon-birigadier

 Verizonからの販売となり、価格は$399.99、2年契約での実質価格は$99となっています。京セラは世界市場でこのようなタフネス機での攻めの姿勢を見せており、日本でもTORQUEを投入しています。今後、サファイヤガラス搭載の京セラ端末が日本市場でも出てくる可能性はありそうですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus