総務省の技適見直しはあくまで訪日外国人に限る方針

soumu

 以前、IIJの開催していたイベント「IIJmio meeting 6」にて、出席した総務省の担当者が、電波法改正で技適未認証端末の利用容認を検討していると言及したことをお伝えしました。

 これについてIIJのブログ「てくろぐ」によると、同担当者はあくまで「訪日観光客などが日本国内に一時的に持ち込む端末」に関する話題に返答する主旨であったことを明かしています。

 同担当者の発言の直前に、イベント参加者からFCC認可済みの海外機を日本人が利用したいとの意見があったため、それに対して「海外から持ち込まれた端末について、法的に問題なく日本国内のSIMで使えるようにしようという方向にある」との回答をしたことで、話題となりました。しかしこれは誤解であったと考えられます。

 つまり技適未認証端末については、訪日外国人の利用は合法になるという形に落ち着きそうです。ただしこれだと海外渡航の多い日本国籍の人にとって、不便な状況が温存されてしまいそうなところではあります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus