パナソニック子会社倒産、負債額5000億円。プラズマテレビ製造

Panasonic-Logo-HD

 パナソニックが子会社の「パナソニックプラズマディスプレイ」を倒産し、特別清算すると明らかにしました。

 関西の工場と生産設備など資産の処分を完了したとのこと。負債総額は約5000億円となり、これらはパナソニックからの借入金だそうです。製造業として戦後最大規模。

 パナソニックプラズマディスプレイは、地上デジタル放送にあわせテレビ用のプラズマディスプレイを製造する会社として設立されました。多数のプラズマビエラが市場に投入されてきました。

wireless-plasma-backgrounds-viera-panasonic-wallpaper-desktop-15179

 しかしテレビは液晶ディスプレイが席巻。液晶に対して、薄型化・省電力化が容易ではないなどの要因から次第に押されていきました。

 プラズマは画質や応答速度の速さにより、アクション映画やスポーツ観戦に強みを発揮しており、テレビマニアからの評価も高かったのですが、残念ながらこのような結果に終わりました。画質と応答速度といえば、現在では有機ELがその強みを持っており、有機EL採用のテレビは国内ではLGがリリースしています。パナソニックも今ではLG製の有機ELパネルを採用したテレビを開発しています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus