パナソニック、プラズマテレビの技術を活かした4K有機ELテレビを国内発売。ただしFirefox OS

 Panasonicは、VIERAシリーズの最上位モデルとして、「VIERA EZ1000 (66型)」および「VIERA EZ950 (66型/55型)」を6月16日に発売します。いずれも3チューナーの4Kテレビで、Ultra HD Premium認証を取得、HDR映像に対応します。

index_slide03

 Panasonicは欧州市場にて2015年から有機ELテレビを投入していましたが、国内モデルとしては今回が初となります。

 有機ELと同じく自発光式であったプラズマテレビで培ったノウハウを活かした映像エンジン「ヘキサマイクロドライブPLUS」を採用。一般的に液晶に優位性のあるパネルの明るさも強化しており、ピーク輝度はプラズマテレビの4倍。それでも消費電力はハイエンド液晶テレビ並に抑えているとのこと。有機ELの焼付きの問題については、これも自発光のプラズマテレビのノウハウを投入し、1日8時間の使用であれば耐用年数は10年とのこと。

 「EZ1000」と「EZ950」はパネルもエンジンも同じですが、EZ1000はパネルを個体ごとに厳選してチューニング。暗部階調スムーサーやTechnicsチームと共同開発した大型スピーカーをEZ1000のみが採用、さらにより薄型化することで、差別化しています。

 OSには引き続きFirefox OSを採用。各種VODサービスに対応します。

network_img01

 Firefox OSは2016年、バージョン2.6をもってスマートフォン向けのサポートを終了。Mozilla自身も商用デバイスの開発から身を引いています。Firefox OSはIoT向けにのみ継続されていましたが、MozillaはFirefox OS関連部署の従業員を解雇しており、VIERAのFirefox OSがどこまでサポートされるのか、先行きが不透明な部分があるのも事実。Technicsやプラズマテレビ、有機ELながら耐用年数10年など各種ワードの響きは甘いですが、肝心のOSが引っかかります。