噂:Appleの「AR向けOS」、名称は「realityOS」に? すまほん!!

 海外情報サイトApple Insiderは、Appleの次期AR端末が採用する基本ソフト、OSの名称が「realityOS」であると伝えました。

 これは開発者のSteve Troughton-Smith氏が発見したもの。

 同氏がTwitter上に投稿したのは、AppStoreのアップデートログの一部。画像を見ると、ログの一部に「realityOS」の記述があることがわかります。

 なお、2017年ごろまで「rOS」として噂されていました。

 Appleが開発中とされているXR端末は大きな期待が寄せられている一方、非常に高価なものになると予想されているため、高いブランド力を持つ同社が端末を発表することによって認知度が上昇するのは確実ですが、普及させるにはさらに険しい道のりを歩むことになりそうです。