あら可愛い。AQUOS wish2ハンズオン すまほん!!

 シャープはエントリースマートフォンAQUOS wish2を発表しました。再生プラスチック採用の筐体は非常に手触りがよく、持ち心地は良好です。

 AQUOS R7では廃止されたGoogleアシスタントキーですが、AQUOS wish2では続投。

AQUOS R7ではGoogleアシスタントキー廃止

 端末上部にはイヤホンジャックを備えます。可愛らしい表面処理の柔らかな印象の筐体ながらも、防水防塵耐衝撃、MIL-STD-810G準拠のタフさもあわせもちます。

 OSは最新のAndroid 12を搭載。低価格機種らしくベゼルは太め。

 基本的にはAQUOS wishと変わらず。Snapdragon 480ではなくより強力なSnapdragon 695 5G mobile platformへと換装。低価格機種ながら強力です。最も求めやすい製品がwish、senseはハイスタンダードとして棲み分けているとのこと。

 短期間に2を出したのは、半導体不足の情勢下でもより多くの顧客に届ける戦略上の理由。変わり映えのしない機種ではありますが、トピックとしてはこれまでAQUOS wishを取り扱っていなかったNTT docomoでの取り扱いがあります。こちらは独自の色展開を用意。ドコモユーザーには嬉しい報せでしょうか。

ホワイト、チャコールに加えて独自のブルー、コーラルも

OS Android 12
CPU Snapdragon 695 5G
メモリ 4 GB
容量 64 GB, microSDXC
画面 5.7型 1520×720 HD+ 液晶
カメラ 1300万画素 
インカメラ 800万画素
電池 3730mAh
寸法 147×71×8.9mm, 162g
その他 5G sub6, 側面指紋認証, おサイフケータイ/NFC
IPX5・IPX7/IP6X

 外部頑丈、OSアップデートは2年間最大2回で内部も最新。それでいて筐体素材に個性も持ち、おサイフケータイにも対応。低価格帯の選択肢としてsenseに次ぐ存在感を発揮しています。発売時期は2022年6月下旬以降。

NTT docomoの最新端末をチェック。
ドコモオンラインショップ