Xperia 1 IVの問題点「望遠カメラ」、ソフトウェアアップデートで改善か? すまほん!!

 海外モバイル情報サイトGSMArenaは6月8日、Xperia 1 IVに関するレビュー記事を更新。Sonyが配信を開始した最新のソフトウェアアップデートを適用した結果、望遠カメラに改善がみられたことを追記しました。

 Xpeira 1 IVは3.5倍から5.2倍の間で無段階に可変する1200万画素光学望遠の潜望鏡型カメラを搭載したものの、前モデルのXperia 1 IIIよりも悪化しているとの報告が購入者から複数寄せられていました。

 早期にレビューを公開したGSMArenaも、無段階ズーム機構自体はエンジニアリングの偉業であると称賛する一方、肝心の最大望遠に近づくほどシャープネス低下、パープルフリンジなど光学収差増加といった画質低下や合焦しにくさが起きることから酷評していました。

 しかしGSMArenaはソフトウェアアップデート後、3.5倍望遠でシャープネスとコントラストが改善されたと追記。さらに最大望遠時には、わずかに解像感が低くノイジーではあるものの、鮮明さとコントラストが改善、そして合焦しにくい問題も発生しなかったとのこと。

 他にも、アップデート後は暗所での望遠カメラもぼやけが少なくわずかに鮮明になったと、微改善を報告しています。

 製品の目玉である無段階光学望遠機構という新機軸により、センサーサイズが小さくなり発売当初には画質と合焦に問題を抱えていたXperia 1 IVですが、比較的素早くアップデートしてきてくれたのは嬉しい限り。

 あくまで海外モデルでの話であり、国内では国内携帯通信事業者によって配信タイミングが異なるため、国内での早期配信が待たれるところです。

NTT docomoの最新端末をチェック。
ドコモオンラインショップ
KDDIの最新端末をチェック
au Online Shop
SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ