噂:次期iPhone 15 Pro、物理ボタン廃止へ すまほん!!

 Appleが開発中と予想されている、同社の次期「iPhone 15」シリーズに関して、Appleに関する市場予測と分析に定評のあるMing-Chi Kuo氏が、新たな情報をTwitter上に投稿しました。

 同氏は、「iPhone 15」シリーズのハードウェアにおける大きなアップデートは、端子のUSB Type-Cへの移行と、ボタンレスデザインの2つであると予想。

 Ming-Chi Kuo氏による最新の調査によると、次期「iPhone 15」シリーズの上位モデルにおける音量ボタンと電源ボタンは、従来の物理的なボタンに代わり、新たに「ソリッドステートボタン」が採用される可能性が高い模様です。

 この「ソリッドステートボタン」は、iPhone 7や8などのホームボタンとよく似ているとのこと。

 iPhone 7以降のホームボタンを備えるiPhoneでは、物理的に押せるボタンの代わりに感圧式のボタンが採用されており、本体に搭載された「Taptic Engine」と呼ばれるバイブレーターによる振動で、ホームボタンを実際に押しているかのような触覚を伝えることができるようになっています。

 次期「iPhone 15 Pro」においては、このソリッドステートボタンによる側面での疑似触覚を実現するため、この「Taptic Engine」が1つから3つに増えると予想。関連するサプライヤーにも、大きな利益が見込まれています。

 一方、Lightning端子からUSB Type-C端子への変更は、サプライヤーに今まで以上の利益は見込まれないようです。これは、USB Type-C端子のコストの問題によるもので、Ming-Chi Kuo氏は、たとえ充電やデータ転送の速度が向上したとしても、サプライヤーに悪い影響はもちろんのこと良い影響も及ぼさない可能性が高いとしています。