サムスン、2023年度の半導体販売利益は半減すると予想 すまほん!!

 Samsungは、今年の半導体販売の年間営業利益が、2022年と比べ半分になると予想しているようです。韓国メディアのThe elecが報じました。

 それによると、サムスンは先日、従業員に向け2022年の業績と1月のボーナスについて説明があったとのこと。

 サムスンは各部門において、目標としていた利益を超える分からインセンティブが支払われる方式を採用しているようです。

 同時に今年の目標も伝えており、メモリやファウンドリーなどを含むデバイスソリューション部門の2023年の営業利益の目標は13兆1000億ウォンとなるようです。

 2022年の目標は26兆ウォンだったようで、景気後退と半導体不足解消の中、Samsungが半導体事業において厳しい見通しを立てていることが明らかになりました。