「スマホ個人輸入」に適した配送業者は?「DHL」V.S.「EMS」

 スマホを海外から買っていて、以前と違うことに気付いたので紹介します。

 Windows Phoneもない、物理QWERTY端末もない……そんな日本の携帯市場にイライラしても仕方ないので、海外から好きなのを買えば精神衛生上いいと思います。

 以前GALAXY Proを注文後にキャンセルしてHTC ChaChaを買ったのですが、内部ストレージが少なすぎて使えずに手放したことがあります。GALAXY Y Pro DUOSは、内部ストレージも結構あり、2Gと3GのデュアルSIMという変態ぶりなので楽しみです。

 今回のお買い物は毎度おなじみ1shopmobileにて行っています。個人輸入でいつもお世話になっています。

 このときに気付いたのは、1shopの決済「Google wallet」で、配送業者「DHL」がデフォルトになっていたことです。

 配送業者は今まで$25「EMS」がポピュラーでしたが、「EMS」は税関を通過するまでにやたら時間がかかるという欠点があります。

 これに対して「DHL」は通関の時間が非常に短い、配送の確実性が高いというメリットがあります。ただし、価格は$30で、通関の際に税金をとられる可能性は「EMS」より高くなります。

 ただし例外もあり、「税関まで直接自分で取りに行く」ということをEMSでできます。自分はXPERIA Pの時にやりました。どうせ最初からそこまでするつもりなら、EMSでもいいですね。

 今回は空港まで取りに行く元気もないですが、単純に安くて使い慣れた「EMS」にて輸入します。届くのが楽しみです。