携帯事業撤退報道にNEC「決定はしていないが、検討中なのは事実」と一部認める さらに携帯代理店事業も売却報道

 携帯電話事業からの撤退を報じられているNECですが、RBBTodayがNECに質問したところ当社が発表したものではない。まだなにも決定していないが、検討中であることは事実」と回答したとのこと。決して否定するわけでもなく、あくまでも検討が進んでいることについては認めているようですね。

 苦しい経営の中、選択と集中を迫られるNECは、重要でない保有資産の売却を行っている最中です。これとは別に数日前、NECの子会社 携帯販売代理店業のNECモバイリングを売却するとの報道もありました。売却先候補はTDモバイルと丸紅テレコムとのことです。

 同じく携帯電話事業撤退を取り沙汰されるパナソニックモバイルコミュニケーションズは、子会社の携帯販売代理店事業 パナソニックテレコムを、伊藤忠商事系列のITCネットワークに吸収されています。

 MEDIASとELUGAの命運が尽きるまで、秒読みなのかもしれません。今後の事態の推移に注目です。

情報元:RBBToday, ロイター

この記事にコメントする

comments powered by Disqus