ソニー、待望の「Wi-Fi版 XPERIA Z Ultra」を正式発表!日本発売は1月24日に

xperia-z-ultra-wifi

 SONYは、「XPERIA Z Ultra (SGP412JP)」を日本市場で販売することを明らかにしました。SONY Storeでの販売価格は5万1800円、発売日は1月24日となります。SONY Storeのほか、家電量販店等も販路となります。  

 Wi-Fi版は現時点で日本市場向けにのみでアナウンスされ、あくまで「タブレット」として販売されます。同日発表されたKDDI版のXPERIA Z Ultraに比べると、チップセットにAPQ8074を搭載しモバイルデータ通信を内蔵しないこと、ワンセグ/フルセグ・赤外線・おサイフケータイ(FeliCa)に対応しないこと、紫色のラインナップが現時点で存在しないことが挙げられます。

 チップセット Qualcomm (Snapdragon 800 APQ8074) 2.2GHz クアッドコア 
 ディスプレイ 6.4インチ TRILUMINOSディスプレイ for Mobile 
解像度 Full HD
 実行用メモリ(RAM) 2 GB 
 内蔵フラッシュメモリ 32GB 
 カメラ メインカメラ 810万画素
インカメラ 220万画素
 バッテリー 3000 mAh
 Android バージョン Android 4.2 
 サイズ 197 x 92 x 6.5mm  212g
カラー  Black / White
その他 防水防塵、NFC

 国内事業者への「配慮」を若干匂わせつつも、キャリアと契約せずにSONYのファブレット(に相当するサイズの端末)を国内で気軽に購入できるということで、ユーザーとしては嬉しい動きには違いありません。

 私は海外版Z Ultra (C6833)を香港で購入していますが、「6.44インチという画面サイズでやりたいこと」を明確にイメージできるユーザーには、非常におすすめできる機種です。漫画や電子書籍を読んだり、動画を閲覧したり、カーナビに使うなど、Z Ultraだからこそ真価を発揮する用途があります。普通のスマホ・タブレットに飽き足りたユーザーは、ぜひ挑戦してみてくださいね。

Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版 (Purple パープル 紫) 海外SIMフリー携帯
Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版 (Purple) 海外SIMフリー

情報元:SONY

この記事にコメントする

comments powered by Disqus