iPhone一強を崩す、京セラ「DIGNO T」

 ntt-docomo-kddi-au-softbank-ymobile-willcom-emobile

 BCNは一週間の国内携帯電話の売れ筋ランキングを発表しました。

  1. iPhone 6 64GB(SoftBank)
  2. iPhone 6 64GB(au)
  3. iPhone 6 16GB(SoftBank)
  4. iPhone 6 16GB(au)
  5. iPhone 6 128GB(SoftBank)
  6. iPhone 6 64GB(NTT docomo)
  7. iPhone 5s 16GB(au)
  8. DIGNO T 302KC
  9. iPhone 6 128GB(au)
  10. iPhone 5s 16GB(SoftBank)

 相変わらず上位を占めるのはiPhoneですが、先週から2週連続で京セラのDIGNO Tが10位以内にランクイン。これはY! mobileが、PHSの電話番号(070)がMNPの対象になったことを受け、流出対策として、PHS契約者向けにDIGNO Tを0円で販売しているからだと思われます。TORQUE G01など他の京セラ機と同じく、Snapdragon 400を搭載。防水防塵・耐衝撃やスマートソニックレシーバーなどに対応します。

 11位から20位は、同じく京セラのフィーチャーフォンGRATINAが12位。SONYのXperia A2 SO-04Fが13位、XPERIA ZL2 SOL25が16位など、安売り機種が人気に。15位はGALAXY S5。19位にはSTREAM S 302HWとAQUOS CRYSTALがランクインしています。

 冬モデルがこれから出始めるという時期が時期だけに、安売り機種ばかりがランキング上位に登場するという国内携帯市場の特性が色濃くあらわれています。本日、XPERIA Z3 SO-01G / SOL26が発売となっており、今後のランキングにどう食い込んでくるのか期待したいところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus