ライカ「Leitz Phone 1」第一印象。群を抜いて素晴らしい高級感 すまほん!!

 7月16日に発売された、Leica初のスマートフォン「Leitz Phone 1」。「本物のLeicaカメラは全く手が出ないけど、スマホならまだ買える!」ということで、購入しました。本記事ではファーストインプレッションをお届けします。

 こちらがLeitz Phone 1の箱になります。全体は黒一色で、中央にLeicaのロゴが見えます。

 内容物は以下の通り。

  • 本体
  • 専用ケース
  • 専用レンズキャップ
  • SIMピン
  • クイックスイッチアダプター
  • 取扱ガイド

 Leitz Phone 1本体です。質感は今まで所持してきたスマホの中でも群を抜いて素晴らしい。サラサラとした手触りで、非常に好みです。円形のカメラユニットが特徴的で、ものすごいインパクトがあります。右上に配置されたLeicaのロゴも印象的です。

 マットな質感の表面は裸で使っていると手の脂が染みつき、結構目立ちます。拭き取ろうとしてもなかなか取れないので、撮影時には苦労しました。

小さな線傷も目立ちやすいです。

 フレームはアルミ素材で、重厚感が物凄いです。ブラック×シルバーの組み合わせが非常にマッチしており、所有感がかなり満たされます。

 側面はライカの交換レンズのようなルーレット加工が施されており、グリップ感が強くなっています。かなり滑りにくくなるので、裸運用はの筆者にとっては相性抜群。ケースをつけるとすっぽり隠れてしまうので、その点は注意です。

 Leitz Phone 1ではエッジディスプレイが採用されています。見栄えなどは非常に美しいのですが使いにくいです。誤操作が頻繁に起こりますし、保護フィルムが貼りにくいのでやめてほしいというのが本音。

 前に使っていた「Galaxy Note20 Ultra 5G」もエッジディスプレイだったのですが、その際は「Edge Touch」というアプリで、操作できない領域を設定できたので誤操作はありませんでした。

 しかしLeitz Phone 1だとその領域選択がゲームプレイ時にしかできません。寝ながらTwitter見てると勝手に変な場所をタップしてしまったりするので、イライラします。

 こちらが専用レンズキャップ。磁石で強力にピタッとくっつくので、まず落ちません。

 Leitz Phone 1のカメラユニットは非常に大きいので、傷や指紋がかなり目立ちやすいです。レンズキャップを日頃から装着しておくことでその心配がなくなるので、便利と言えば便利です。

 ただ、カメラ使用時にはいちいち外さないといけないのでその点は煩わしいですね。外した際の管理も面倒です。

 こちらがLeitz Phone 1専用ケースになります。右上には立体的なLeicaのロゴがありますね。シリコン製なので、小さな埃なんかが結構目立ちますね。ケースを装着すると非常にボリュームが増して持ちにくいので、筆者は基本外しています。

 裏はファイバー素材。このケース、きちんとハメる順番があるみたいで、無理なハメ方をし続けると四隅の方から裂け目が生じるみたいです。

 現在だとサードパーティー製ケースの選択肢がほぼ無いのが残念です。もうちょっと薄いケースが欲しいと筆者は思っています。今後、様々な種類のLeitz Phone 1専用ケースが公式より発売されるみたいなので、それに期待です。

 全部装着するとこんな感じ。「あぁ、ちゃんとLeicaのスマホを使っているんだ……。」という感じで、惚れ惚れしてしまいますね。18万円以上するスマホだけあるなとは思います。

 Leitz Phone 1はAQUOS R6ベースということもあって、ディスプレイには「Pro IGZO OLED」が使われています。筆者にとっては初IGZOディスプレイ。発色はやや独特。1-240Hz駆動にも対応しているので、非常に滑らかに動作します。

 微妙な点が一つあって、上下のベゼルが若干太いんですよね。18万円以上するハイエンド機ということを考えるとせめて下部ベゼルはもう少し狭めて欲しい。

標準ランチャーは使いにくすぎたのですぐ変えています。

 AQUOS R6では指紋認証が爆速でしたが、Leitz Phone 1でも同様にめちゃくちゃ速いです。ただ、画面OFF時だと認証しにくいので、持ち上げた時に画面をONにする設定をしておけば解決。筆者はそうしています。

 定価18万7920円という、目が飛び出るほど高価なLeitz Phone 1ですが、WebからMNPで申し込めば2万1600円割引になったり、ヨドバシカメラのキャンペーンを駆使することで回線契約なしで2万2000円割引になったりするので、定価よりだいぶ安く購入することができます。

 割引後でも十分高いスマホではありますが、あのLeicaのお墨付きスマホですから、それを考えると買う価値はあるのかなと思っています。万人向けというわけではありませんが、Leica好きの方やガジェット好きの方であれば、一度は試して欲しい製品です。ぜひ、店頭で実機を触って検討してみてください。

SoftBankの最新端末をチェック。
SoftBankオンラインショップ