悲報 SONY、CESでの発表中に4Kテレビでブルースクリーンが出てしまう

 CES2013におけるSONYのプレゼン中、目玉展示の4K有機ELテレビがブルースクリーンになり、BIOS画面になってしまいました。これにはさすがの平井社長の顔面もブルースクリーン。

 2013年のSONYは大丈夫でしょうか。Microsoftのビル・ゲイツ氏もWindows98の発表中にブルースクリーンを出し、最近ではSurfaceが発表でフリーズしてしまったこともあります。XPERIA Zは無事に正式発表されたことですし、めげずに頑張っていただきたいものです。


世界初「56インチ4K解像度有機ELテレビ」でSONYが見せる、AV企業としての意地。
CES2013関連記事
XPERIA Z関連記事 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus