米国防総省の「MIL規格」準拠 京セラ超タフネススマホ「Torque」が、海の向こうで陽の目を浴びる?

 米軍の調達する装備品に関する、米国防総省(ペンタゴン)の「MIL規格 810G」を満たした京セラ製スマートフォン「Torque」が、MWC2013で展示されています。

 防水・防塵・耐衝撃性はもちろん、海水高温冷温にも耐える恐るべきタフネススマートフォンです。NECカシオのG’zOneと余裕でタメを張れますね。

 さらに京セラならではの「スマートソニック・レシーバー(音と振動を画面から発して確実な通話品質を実現する機能)」を備えているんだから、本当に凄い機種ですよね。

 Gizmodoが伝えるところによると、京セラのEric Anderson氏は、イギリスの有名な冒険家ベア・グリルスに喩えて「Torque」のタフさを絶賛。

 海外ブログメディアpocketnowは、「Torque」を水と岩の水槽に投げつけました。もちろん無事。最近よく国産スマホが海外で試されていますね……) しかしこれほどユニークで泥臭い努力をしている京セラが、話題に上らないことは恥だと感じ始めているとまで評しています。

 京セラはローエンド向けの「Event」を米Virgin Mobileを通じて販売することもMWC2013にあわせて発表しています。京セラの個性を活かして北米に橋頭堡を築けるでしょうか。今後の躍進に期待です。

情報元:pocketnowGizmodo

この記事にコメントする

comments powered by Disqus