地震、災害、有事、ミサイル発射をニュース速報より早く知らせてくれる「LINE」の「首相官邸」アカウントを追加すると安心安全。

 本日、北朝鮮は建国指導者 故・金日成首領の生誕を祝う祝日「太陽節」を迎えており、いよいよ弾道ミサイルの発射が行われるのではないかとの懸念が高まっています。

 こうしたミサイル発射などの有事、本格的な武力攻撃事態、地震や津波などの災害など、緊急性の高い情報を、正確に、いち早く通知する仕組みが「J-ALERT」です。

 しかしこれは、主に官庁向けであり、私たち民間人が直接それを受信するわけにはなかなかいきません。「J-ALERT」の通知を受信した、各自治体が、全域に放送する吹鳴サイレンなどで、私たちは初めて情報を知る事になるでしょう。

 では、個人で、こうした正確な情報を、ダイレクトに受信する方法はないのでしょうか。

 その答えが、実は「LINE」です。さまざまな公式アカウントから情報を可能ですが、「首相官邸」も最新情報の配信を行っています。

 この「首相官邸」アカウントが凄いのは、地震や津波はもちろん、昨年の北朝鮮の人工衛星と称する事実上のミサイル発射の際にも、NHKのニュース速報よりも早くスマートフォンに情報を配信した実績があるということです。(J-ALERTの情報に基づいている?)

 LINE→その他→公式アカウント→公共サービス→首相官邸からフォローする事が出来ます。町中にサイレンが鳴り響く前に、緊急性の高い情報を少しでも早く受け取ることができそうです。

 これまで、一部自治体では、携帯端末に緊急地震速報を流す「エリアメール」に、「J-ALERT」に基づいた情報配信を試みていましたが、あくまで各自治体の公務員の手動による配信。勤務時間外には対応不可能な仕組みでした。

 昨年末、政府は2016年までに全ての市区町村に「J-ALERT」を行き渡らせる方針を発表しており、中には「J-ALERT」と「エリアメール」を連動するサービスを提供する会社も出てきており、そう遠くない将来、全国で緊急地震速報のように、有事の情報もスマートフォンに配信されているのかもしれません。緊急情報と私たちの距離は、スマートフォンによって、より近いものとなっていきそうです。

[2014 4/11 追記]本当になりました→携帯大手3社、「武力攻撃事態」想定――ミサイル発射などの緊急速報を4月1日から配信開始

photo credit: #PACOM via photopincc

この記事にコメントする

comments powered by Disqus