XPERIA ZおよびTablet Zに不具合修正のアップデート 電源を切れない不具合に対処

 XPERIA Z SO-02EとXPERIA Tablet Z SO-03Eにアップデートが配信されます。配信は本日18時より、ですが、実際には早めに配信開始となっていますので、お時間のある人は適用してしまいましょう。

 今回のアップデートで改善される事象は、電源ボタンを押しても電源が切れないというもの。そんな症状あるのか、という人が多そうな気もしますが、自分の環境でも発生していました。

 電源が切れないというより、正確には電源ボタンの長押しも、全て短く押したと判定される症状です。なので、マナーモードの切り替えや電源を切りたい時に、全て短押し(=画面の消灯)と判定されてしまい、地味にイライラしていました。自分の場合はアプリを10個ぐらいアンインストール・無効化して以来、この症状が全く出なくなったので、単純に出来の悪いアプリでも入れていただけかと思っていたのですが。

 しかもTablet Zでも同じように発生していた症状だったのですね。同じような症状に悩まされていた人には朗報と言えそうです。最近のアップデートには、海外でも報告されていた「スリープ死」と呼ばれる症状の改善も含まれていますので、ソフトウェアは常に最新の状態に保ちたいところです。あとはTablet Zはタッチ感度の問題さえ改善されれば、普通に良い評価を得られそうなところなんですけどねえ。

情報元:NTT docomo 1, 2

XPERIA Z~2013年前半XPERIA 記事まとめ

この記事にコメントする

comments powered by Disqus