背面が丸くなったSONY「XPERIA UL SOL22」フォトレビュー (Z、Aとの比較あり)

 KDDIの夏モデル「XPERIA UL SOL22」が正式発表されました。側面のデザインなどに「XPERIA VL SOL21」の面影も若干感じさせつつ、丸みを帯びた背面が最大の違いとなります。

 「XPERIA Z SO-02E」は薄さ7.9mm、ULは厚さ10.5mmとなっています。Zの方が薄くてスマートですが、ホールドしやすいのは背面がラウンドしているULです。

(上がUL、下がZ)

 10.5mmというと、実はドコモの夏モデル 「XPERIA A(エース) SO-04E」が同じ厚さです。

(上がUL、下がA)

 同じ厚みで、幅がAの方が狭いので、ULよりAの方がホールドしやすいです。ただし解像度はAがHDなのに対し、ULはZ同様Full HDです。

(左がUL、右がA)

 基本的にボタン配置などもよく似ているのですが、Zと違うのはワンセグアンテナが配置されていることでしょうか。

(上がUL、下がZ)

 Zが外部アンテナが必要であることから、ワンセグを多用する人にとっては嬉しい点です。Aもワンセグ兼NOTTV受信用のアンテナを内蔵しています。

 搭載SoCなど、基本スペックはZと同様です。電池容量はAと同じです。解像度でAに勝り、内蔵フラッシュメモリの容量でAに劣ります。(Aは32GB)

ディスプレイ   5インチ(FullHD Reality Display) 
 CPU Snapdragon S4 Pro
APQ8064 1.5 GHz (クアッドコア)
RAM  2 GB 
内蔵フラッシュメモリ  16 GB 
 カメラ 1310 万画素 Exmor RS for Mobile
 Wi-Fi IEEE 802.11 a / b / g / n
 バッテリー容量 2300 mAh
サイズ  71mm×135mm×10.5mm
重量  約145 g
その他 赤外線、ワンセグ、おサイフケータイ+NFC、防水防塵

 基本スペックはZ同様であるため、Zを持っている人には買い替える意味はありませんが、auから移れない事情がありながら、XPERIAを渇望していたというユーザーにとっては魅力的な選択肢となりそうです。

au 2013年夏モデルを発表。的を絞った4モデルで勝負に出る。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus