上位はiPhoneと音声端末、小型スマホ。ファブレットの影見えず――携帯売れ筋ランキング

bcn-ranking

 BCNは、最新の国内携帯市場の売れ筋ランキングを発表しました。集計期間は2014年2月24日~3月2日の1週間。

 それによれば、上位10位は以下の通り。

  1. iPhone 5s 16GB(SoftBank)
  2. iPhone 5s 16GB(au)
  3. iPhone 5s 16GB(NTT docomo)
  4. iPhone 5s 32GB(SoftBank)
  5. iPhone 5s 32GB(au)
  6. iPhone 5s 32GB(NTT docomo)
  7. みまもりケータイ3 202Z
  8. Xperia Z1 f SO-02F 
  9. AQUOS PHONE Xx mini 303SH
  10. GRATINA KYY06

 首位のSoftBank版 iPhone 5s 16GBに続いて、6位までを各事業者のiPhone 5s 16GB /32GBモデルが独占しています。やはり日本市場におけるiPhoneのブランド力と、値引きの凄まじさを思い知らされます。

 7位にはZTEのSoftBank向けのみまもりケータイ3がランクイン。こちらは子供向けの音声端末ですが、iPhoneの割引を盛るための副商材としての需要も考えられます。

 7位はNTT docomoのXPERIA Z1f、8位はSoftBankのAQUOS PHONE Xx mini 303SHが健闘。いずれも4インチ台の、現在では比較的小型のディスプレイを搭載した機体です。このランキングのトップ10位に、5インチ以上の大型機の姿は見えません。

 10位にはau向けの京セラ製フィーチャーフォン GRATINA(グラティーナ)がランクインしています。

 1~6位までをiPhoneが占め、7~10位にも本来「傍流」であるはずの機種が入っており、主流となるべき5インチ以上のスマートフォンはそれらの後塵を拝している状況です。

 11位から20位においてもフィーチャーフォン2機種とドコモのキッズケータイが入っていますが、2社のXPERIA Z1(SO-01F / SOL23)とAQUOS PHONE ZETA SH-01Fなど比較的最新の5インチ台のスマートフォンが無事ランクインしています。どこの販売店でもMNP一括0円がデフォルトとなっているKDDIのisai LGL22は15位に入っています。

 日本市場が特異であることや、小型機を望む日本人も少なくないことを踏まえ、各メーカーともに作戦を練る必要があるのかもしれません。

情報元:BCN

この記事にコメントする

comments powered by Disqus