ソニーのスマートウォッチは、グーグルの「Android Wear」採用を見送り

sony-smartwatch-sw2

 海外メディア「CNET」の記事によると、SONY Mobile米国法人社長のRavi Nookala氏は、「Android Wear」を採用しない方針を明らかにしました。

 「Android Wear」はGoogleの発表したウェアラブルデバイス・腕時計型端末向けのプラットフォームです。

 SONYは、Sony Ericssonの時代からスマートウォッチを精力的にリリースしており、現行のSmart Watch SW2はAndroidをベースに、SONYが独自にカスタマイズしたソフトウェアで動いています。ソフトウェア資産も積み重なっている上に、SONY自ら「Open SmartWatch Project」を推進していることもあり、今さらGoogle主導のスマートウォッチの戦略には乗りづらいということなのでしょう。

 しかしながら同社長は「Android Wear」の可能性について好意的に発言しており、当面は独自のプラットフォームを継続するものの、将来的には「Android Wear」へのプラットフォームの切り替えも十分にありえることでしょう。

 SW2の出来自体はいいと思いますし、事態の推移を慎重に見守りたいところです。

情報元:CNET 経由:AndroidOS.in

この記事にコメントする

comments powered by Disqus