スマホ出荷数:8割がAndroid、3割以上が「5インチ以上」の大画面

android_eats_apple

 Canalysは、スマートフォンの出荷台数に関する最新の統計を発表しました。

 それによると、2014年Q1の世界でのスマートフォンの出荷台数のトータルは、2億7940万台となりました。これは前年同期比で29%増加しています。

 このうち、81%はAndroid、16%はiOS、3%はWindows Phoneとなったそうです。

 また、この中で5インチ以上の画面サイズを持ったスマートフォンの数は増大しており、実に34%が5インチ以上であったそうです。この傾向を見ると、AppleがiPhone 6で大画面化に踏み切るのもわかりますね。

 なお、BRICs諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)では、全体の44%に相当する1.2億台が出荷されており、改めて新興市場の重要さを認識させられる次第です。SAMSUNGのTizen OSが、先進国市場の厳しい戦いよりも、新興市場での戦いを重視し始めたのも当然の流れと言えそうです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus