転売も収束?中国当局、iPhone販売を近く承認か

iphone6

 9to5Macによると、米CNBCが中国国内でiPhone 6 / 6 Plusが近いうちに発売されると報じました。これは中国当局の認可が下ることによるそうです。

 中国では、携帯端末の販売には本来、政府の工業情報化部(日本の総務省に相当)の認証が必要です。中国メディア「21世紀経済報道」は、この認証取得が遅れており、iPhone 6 / 6 Plusの発売は2015年まで延期される可能性を報じていました。

 発売が遅れている明確な理由は不明。一連の北米でのHuawei排除、米NSAの疑惑が原因ではないかと推測されます。ロイター通信は、関係筋の話として同政府機関の認証取得は通常1~2ヶ月かかると話しています。他の報告では、FDD-LTEの調整の最終段階にあるとも。

台湾香港を除く中国本土では、iPhone 6 / 6 Plusの発売日は依然として不明。Appleとしては重要視している巨大マーケットだけに不可解であると話題になっていました。日本でも全国各地のApple Storeで転売目的と思われる浮浪者・中国人が大量に並んでいることが問題となっていました。

iphone-6-prices

(中国国内で128GBは35万円以上でやりとりされている)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus