Google Pixel 3a着弾!取り急ぎ開封レビュー すまほん!!

 Google ストアで購入したGoogle Pixel 3aが先程到着しましたので開封レビューを行っていきます。

開封

 さっそく開封していきます。パッケージはこんな感じ。Googleらしいシンプルなパッケージ。

 開けるとすぐ本体とご対面。しかし近年よく見るディスプレイがどーんと構えているのではなく、背面が表になっています。

Sponsored Links

 この指紋認証部分のFeliCaマークが大事なポイント。このマークはフィルムに印刷されているので、本体にFeliCaマークがないのも嬉しいポイント。

 取り出すと底には付属品が収納されています。内容物はUSB Type-Cケーブル、USB Type-AをCに変換するアダプタ、PD対応のACアダプタ、そして説明書です。イヤホンは同梱されていませんでした。

 本体のフィルムを剥がし、とりあえず真っ先に保護ガラスを装着。近年は安くで複数枚手に入るようになり、いい時代になったなぁと実感します。

外観

 外観をチェックしていきます。背面にはカメラ、LED、指紋認証センサーが搭載。Pixel 3はガラス製の筐体でしたが、Pixel 3aはポリカーボネート製で傷が付きやすそうです。

 右側側面です。電源ボタンのみカラーが異なるPixelのアピールポイントのひとつ。この白色の筐体にオレンジボタン、個人的には最高です!

 反対の左側面にはボタンは一切ありません。SIMトレイが左上上部に用意されています。

 下部はスピーカーとマイク、そしてUSB Type-Cポートがあります。USB Type-CポートはUSB PDに対応し、最大18Wで充電が可能です。

 上部には3.5mmイヤホンジャックとノイズキャンセル用のマイクが搭載されています。Pixel3にはイヤホンジャックは非搭載でしたので、イヤホンジャックが必要なユーザにPixel 3aは検討対象になるのではないでしょうか?

Sponsored Links

Pixel 3a Case

 一緒にGoogle純正のPixel 3aケースも購入しました。本体のボタン色に合わせたFogを選択。

 内側もしっかり生地が貼られており、高級感があります。そしてボタンはオレンジボタンになってしまうので、他の機種でオレンジボタンが良かったというユーザもこれのケースをつければ解決するかも(?)

 アップで見るとこんな感じです。サラサラしてて本体に傷がつくことはなさそうです。わかりやすくGoogle Pixel 3aの文字も記載されています。

 背面はザラザラとした質感で滑って落とすことはなさそうです。でも長時間握っていて痛くならない、さすがファブリックケース。Googleのロゴは爪でひっかくと外れそう。

Sponsored Links

 アップでみた質感はこんな感じです。(伝われ!質感!)

初期設定

 最初の初期設定を行うと、他の機種から移行できるよ!というお知らせ。付属のUSBアダプタを使うことによって前の機種やiPhoneをつなげてスムーズに移行ができるようです。

 せっかくなので移行アシスタントを使ってみようと、HTC U11から移そうとUSB Type-C to Cでつなげると認識されず。なのでおとなしくGoogleドライブから復元する方法を取りました。

 指紋認証やいろいろ初期設定を行い、完了。壁紙がU11になっていたので適当にそれっぽい壁紙をチョイス。

 SIMカードはOPPOに挿していたIIJのSIMを試しに入れてみると、自動的にAPNが設定され自分では操作をせず通信ができました。便利な時代になりましたね……。

Sponsored Links

ベンチマーク

 Antutuでベンチマークを測定。157628とハイエンドモデルの30万代には匹敵しませんが、ミドルのモデルとしては良いスコアではないでしょうか。

次回

 Googleが販売する機種を使うのはNexus 5以来久しぶりでものすごくワクワクしています。余計なアプリも機能もなく、なのにおサイフケータイは使えて値段も手頃。こういう端末が欲しかった!というのを体現してくれたと思っています。

 取り急ぎ開封レビューを行いました。次回はGoogle Payの移行方法やPixel 3aの詳細レビューなどをお届けできればと思っています。

docomoオンラインショップ SoftBankオンラインショップ
スマホで予約、自宅に届く。購入はオンラインショップで。(解説