正式発表イベント目前!Galaxy S20シリーズやZ Flipなどウワサ情報最終まとめ すまほん!!

 明日の明朝午前4時より、Galaxy UNPACKEDが開催されます。「Galaxy S20」シリーズや新フォームファクターの折りたたみ端末、「Galaxy Z Flip」など、多くのデバイスの発売が予想されていますが、どのような発表会となるのでしょうか。今までのリーク情報をまとめてみました。

機種命名規則が変更か?

 今までのGalaxy Sシリーズから命名規則が変更になり、Galaxy S11ではなく、Galaxy S20というブランドに変更になります。今年は2020年ですし、ちょうどいいタイミングですよね。

 さらに、昨年のGalaxy S10シリーズから3モデル展開(S10 Liteは除く)となったSシリーズですが、昨年新たに追加された、3モデルの中では1番お手頃な「e」ブランドが消滅し、代わりに最高級ブランドとなる「Ultra」モデルが追加されます。

Sponsored Links

新型カメラ!S20/S20+/S20 Ultraに積まれる各センサー

 Galaxy S20シリーズの最大の売りはカメラシステムであると言われています。大幅進化したカメラはスマートフォン史上最高のものになると著名リーカーが述べており、期待が持てます。

【4800万画素×光学10倍ズーム】(Galaxy S20 Ultra)

 背面にも刻まれているとおりGalaxy S20 Ultraの最大のウリである100xズーム、通称「Space Zoom」を実現するために必要不可欠な機構です。光学10倍のペリスコープカメラにデジタル10倍を組み合わせます。後述の6400万画素のセンサーと比較すると画素数こそ落ちますが、光学10倍ズームがあるので他のモデルに劣らないでしょう。

【1億800万画素メインカメラ】(Galaxy S20 Ultra)

 昨年、Samsungが開発し、Mi Mix AlphaやMi Note10に搭載されたISOCELL Bright HMXをさらに改良した「HM1」という、より暗所に強く、8K撮影をサポートする1億800万画素カメラセンサーが使用されます。

【6400万画素×光学3倍ズーム】(Galaxy S20/S20+)

 Galaxy S20 Ultraの100倍ズームには劣るものの、高画素で撮影することができます。光学ズームはそこまで尖ったものではありませんが、高画素カメラの画像をクロップするという方法により最大30倍の高解像ズームを実現します。

Sponsored Links

【1200万画素超広角カメラ】(Galaxy S20/S20+/S20 Ultra)

 Galaxy S10で好評だった超広角カメラは、Galaxy S20シリーズにも搭載されます。解像度はGalaxy S10シリーズの1600万画素から少し下がっています。

【500万画素ToFカメラ】(Galaxy S20+/S20 Ultra)

 500万画素ToFカメラ。深度を測るためのToFカメラは2機種に搭載。今回もARを生かした新機能が何か出てくるのでしょうか。

【1200万画素メインカメラ】(Galaxy S20/S20+) / 【4000万画素フロントカメラ】(Galaxy S20 Ultra)

 インカメ志向という最近のトレンドに合わせ、フロントカメラも高画素化しています。

【1000万画素フロントカメラ】(Galaxy S20/S20+)

 機能面でのアップデートも推し量られており、「QuickTake」と呼ばれる複数のカメラで同時撮影し、後からどれがよいか選択できる機能や、プロモードで動画撮影ができるプロビデオ機能などが追加されます。

 また、ナイトモードの代替となるであろう「Super ISO」モード(Galaxy S20 Ultraのみ)が追加され、ピクセルリマージングを用いた1億800万画素のセンサーと100倍ズームを組み合わせ、夜間でも高精細な写真が撮れそうです。

Sponsored Links

Galaxy S20シリーズの仕様

スペック

 SoCには最新となるSnapdragon 865またはExynos 990を搭載。内蔵メモリは全モデル12GBにグレードアップ。Sprintからは16GB/512GB構成のモデルも発売されるとのこと。

 4500mAh(Galaxy S20 Ultra。S20及びS20+は4000mAh)のバッテリーを搭載し、1日中充電なしで持つバッテリーライフを実現。

Sponsored Links

 Super AMOLEDから進化した120Hz対応Dynamic AMOLEDディスプレイはS20が6.2インチ、S20+が6.7インチ、S20 Ultraが6.9インチを搭載。解像度はいずれも1440×3200pxで、アスペクト比は20:9となっています。中央にはInfinity-Oのパンチホールがあります。

ネットワーク

 Galaxy S20/S20+には、4Gモデルと5Gモデルが存在します。しかし、Galaxy S20 Ultraには5Gモデルオンリーのリリースとなるようです。

 Wi-Fiネットワークは当然のごとくWi-Fi6に対応。

デザイン

 デザインはGalaxy S10シリーズから大きく変更されます。ディスプレイ部分は画面占有率が90%を超え(S20を除く)、中央にNote10よりも一回り小さくなったパンチホールカメラがあります。エッジは健在ではあるものの、その湾曲している部分自体は非常に小さくなりました。

詳細→未発表Galaxy S20を3Dプリンターで模型生成!他機種と比較

 背面は大きく異なります。Galaxy S10シリーズでは横並びだったカメラが、Galaxy S20シリーズでは左上に3×2のスクウェアカメラバンプとなって配置されます。S20 Ultraはカメラ部の主張が非常に大きく、「SPACE ZOOM 100X」の文字が刻み込まれています。

Sponsored Links

詳細→背面に「100倍ズーム」の刻印?Galaxy S20 Ultraの予測レンダリング画像が公開

Galaxy Z Flip

 Galaxyシリーズに、新たな折り畳みシリーズが追加されます。昨年発表された「Galaxy Fold」の横開きとは異なり、縦開きになっています。ファンデーションからインスパイアされたデザインは、20代女性をターゲットにしているともいわれており、折り畳み端末の普及を目的とし、値段を抑えた端末です。

詳細→元ネタはファンデーション?Galaxy Z Flip 実機動画流出!!

 Galaxy Z Flipは、SoCにSnapdragon 855+を採用し、内蔵メモリは8GBとなっています。S20シリーズと比較してスペックを若干落とすことによって、コストカットを実現しているといえそうです。ディスプレイがフィルム素材のGalaxy Foldの目立つ折り目とは異なり、「Ultra Thin Glass」というガラスを使用することによって、折り目がつかないとのこと。

詳細→「Fold」に非ず。縦折式は「Galaxy Z Flip」or「Bloom」が製品名に?

Sponsored Links

 外側には1インチのディスプレイを採用し、バッテリー残量や充電速度、時刻、日付などが表示できます。

 さらに、アカデミー賞の発表会の広告で、Samsungは、Galaxy Z Flipを予感させる映像を含めたGalaxy UNPACKEDの予告動画を放映しています。

Galaxy Buds+

 米情報誌のワイヤレスイヤホン評価において1位を獲得した「Galaxy Buds」の後継モデルとなります。一部の噂では、アクティブノイズキャンセリング(ANC)が搭載されるという噂でしたが、最新の噂ではANCは非搭載になり、その代わりにGalaxy Budsから大きく増量し、12時間の連続再生に対応できるバッテリーを搭載すると述べられています。この点はユーザーによって評価は二分されるでしょう。デザイン面の変更はありません。

 そして、このGalaxy Buds+は、Galaxy S20シリーズの予約注文者に対して無料配布されるキャンペーンが行われる可能性が非常に高くなっています。

Sponsored Links

画像:Evan Blass氏

まとめ

 昨年は、Galaxy Foldが突如発表され、私たちを驚かせましたが、今年はどのようなサプライズがあるのでしょうか。Galaxy UNPACKEDは明日午前4時から、galaxymobile.jpYouTubeなどで配信されます。すまほん!!でも最新情報をお届けしますので、ぜひチェックを!