auが中古・解約済み端末のSIMロック解除を無料化、手順を解説 すまほん!!

 KDDIは4月6日から中古、解約済みのauスマホ、auタブレットのSIMロック解除がネット上でも行えるようになったと案内しています。

 これまでは店頭のみの対応となっており、手数料として3000円(税込3300円)がかかりましたが、ネット上で行う場合は無料で可能となりました。

 店頭で行う場合はこれまで通り手数料として3000円(3300円)がかかります。

 SIMロックを解除行うには「My au」にログインする必要があるため、au ID(登録無料)の取得が必須となります。

https://id.auone.jp/id/pc/assigned/index.html

 手順の確認と検証として、中古で購入したau版 iPhone 8を使用して実際にSIMロックを解除を行ってみましたので、解説させていただきます。

SIMロック解除手順

 まずはSIMロック解除ページにアクセスします。

https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

 上記のリンクにアクセスし、進んで行くと「SIMロック解除のお手続き」という項目があるので、そちらを押下し、au IDでログインします。

 ログインすると、以下のような画面が表示されますので、中古での購入もしくは解約済みの端末の場合は「その他の端末」を選択します。

Sponsored Links

 二つの入力欄には同じIMEIを入力して、次へを押して進みます。間違えてしまうとやり直しになりますので、番号があっているか確認しておきましょう。

  次に進むと、SIMロックを解除する理由を聞かれますので、ご自身がSIMロック解除をする理由に近いものを選択してください。

 解除理由とメールアドレスの選択が完了したら「この内容で申し込む」を押します。

 申込みが完了すると、登録しているメールアドレスにURLを送信するということが記載されたページが表示されます。

Sponsored Links

 メールで届いたURLにアクセスすることでSIMロックの解除が完了します。

まとめ

 手順はとても簡単ですが、キャリアのIDを取得する必要があるのは少し面倒だと思ってしまいます。

 店頭でやってもらう分にはIDの発行は不要ですが、店頭の場合は3000円(税込み3300円)かかってしまうので、時間がある方はネット上で手続きすることをオススメします。

KDDIの最新端末をチェック
au Online Shop