「携帯ゲーム機」用のスナドラ。Snapdragon G3x Gen 1発表 すまほん!!

 Qualcommは、Androidを搭載した携帯ゲーム機用のSoC「Snapdragon G3x Gen 1」を発表しました。

 Snapdragon G3x Gen 1は従前のSnapdragonと同様にCPUの「Kryo」やGPUの「Adreno」などを搭載、4K/144Hzでのゲームも可能であるとしています。

 そのほかの数値から見るスペックはCPUのクロックが最大3GHzという点以外はいまだに明らかになっていないようです。機能面では、デバイスをテレビに接続した際にNintendo Switchのように画面を映す機能や、低遅延、高音質を謳うワイヤレス規格である「Snapdragon Sound」に対応。また、携帯ゲーム機においてそこまでの機能は必要なさそうな気はしますが、5Gモデムも備え、Sub6・ミリ波ともに対応。今後モデム機能などを削った廉価版が登場するかもしれません。

 現在、このSoCが組み込まれた一般向けの製品の販売予定はないようですが、Razerが開発者向けに「Snapdragon G3x Handheld Gaming Developer Kit」を販売するようです。

 このデバイスはリフレッシュレート120Hzで10億色の表示に対応する6.55インチの有機ELディスプレイや開発者が割り当てることができる操作ボタンなど、携帯ゲーム機として必要なものがすべて詰まっているといっても過言ではなさそうです。ただ、個人的にはDeveloper Kitに備えられている立派な空冷機構から、このデバイス以外に進出した際の発熱問題が気になってしまいます。

 Snapdragon G3x Gen 1は、Oculus(Meta) Questシリーズのようなスタンドアローン型のVRデバイスや今回Razerが発表した携帯ゲーム機などに組み込まれることを想定しているとのこと。前者はまだしも、携帯ゲーム機業界には先発でベテランの任天堂だけでなく、LinuxとAMD製SoCを採用する「Steam Deck」が参入しており、今後のシェア争いが苛烈になりそうですね。