KDDI、LTEエリアの誤表記について謝罪。

  KDDIは、au総合カタログやウェブサイトにおける誤記を訂正、謝罪しました。

 誤記の内容は、「4G LTE (iPhone 5含む) 対応機種なら」「実人口カバー率96%に急速拡大。(2013年3月末予定)」というもの。

 しかし現状として、Android端末とiPhone 5の利用できる周波数帯は異なり、iPhone 5は2.1GHz帯しか利用できず、エリアは狭いため、KDDIの謳う人口カバー率をiPhone 5に適用することはできません。発売直後はこのような結果的に詐称とも言えるような表記が総合カタログ、ウェブサイトで掲載されていました。

 このため、こうした一連の表記について謝罪が行われた形です。

 iPhone 5の発売後、LTEエリアが当初の宣伝とは実態が大きく異なっていたことから、一部の代理店では独自の判断で、一部のユーザーに対してiPhone 5の無償解約を実施していた例もありました。

 また、Androidに関しては人口カバー率96%を予定通り達成。周波数帯1500MHzと800MHzに加え、さらにau夏モデルではiPhone 5の2.1GHz帯を含めた「トライバンドLTE(3つの周波数に対応した高速通信)」対応のAndroid端末登場する見込みであり、LTE通信に拘るならKDDIではAndroid端末の方が快適です。

情報元:KDDI

この記事にコメントする

comments powered by Disqus