Androidの「開発者向けオプション」を表示する方法。(+動作のサクサク化)

2013-11-09 14.58.37

 Android OSは、バージョン4.0から4.1には「開発者向けオプション」という項目が表示されていました。

 しかし、このモードは本来、デベロッパー向けの専門的な項目ばかりが内包されており、一般ユーザーに表示すべき項目はほとんどありません。

 そのため、Android 4.2, 4.3, 4.4では、この「開発者向けオプション」は表示されないようになりました。

 ただ表示がされていないだけで、実際には存在しており、簡単に呼び出すことができます。設定→端末管理→端末情報へ移動後、最下部にある「ビルド番号」を連続タップすると、「これでデベロッパーになりました!」と表示されます。Android 4.4 KitKatを搭載したNexus 5でも、この方法を使うことができました。

Capture_2013_11_09_23_45_03_326

 これで設定のシステムの中に、「開発者向けオプション」が表示されているはずです。

Capture_2013_11_09_23_52_30_72

 ただし、冒頭で述べたように初心者が弄るべき項目は特にありません。

 個人的には、端末を購入したらまず「GPUレンダリングを使用」にチェックを入れ、「ウィンドウアニメ」「トランジションアニメスケール」「Animator再生時間スケール」を0.5にして、アニメーションのエフェクトを二倍速にすることで、動作のいわゆる「サクサク感」を向上させるようにしています。

 もちろん初心者は弄るべきではありません。たとえば、おサイフケータイのSuicaアプリの出来が悪く、Suicaログイン設定時に進めないバグがあったので、自分はその時だけ「GPUレンダリングを使用」のチェックを外しています。

 デベロッパーや上級者向けの機能ですから、くれぐれも設定変更には細心の注意を払って下さい。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus