ソニー、おサイフケータイ内蔵アナログスマートウォッチ「wena wrist」を発表。クラウドファウンディングで支援募る

201508_wenawrist02

 Sonyは新規事業創出プログラムから登場した「wena wrist」について、Sonyが運営するクラウドファウンディングFirst Flightにて支援受付を開始したと発表しました。

 時計はアナログ、バンド部にデジタルテクノロジーを融合するというコンセプト。

 時計ヘッド部分はムーブメントを含めシチズン時計株式会社が設計・製造を担当。腕時計全体のデザインは、熟練の時計デザイナーによって行われており、従来のいかにもガジェット感のあったスマートウォッチ群とは一線を画しています。

 バンド部にFeliCa(おサイフケータイ)、スマートフォンの電話やメールを光や振動で通知する機能、歩数や消費カロリーなど活動量計機能が内蔵。筐体は防水仕様。

 「wena wrist」はChronograph(クロノグラフ)とThree Hands(3針)の2種類。カラーはブラックとシルバー。クラウドファンディングでは3万4800円から6万9800円(税込)の支援コースを選択して支援する形となります。

 おサイフケータイ目的でXperia Z3 Compactが手放せないのですが、まさか腕時計に搭載するとは驚きです。ぜひ手に入れたいデバイスです。

続報:開発者に訊く:腕時計「wena wrist」が作る未来。デザインのこだわりからおサイフケータイの挙動まで

この記事にコメントする

comments powered by Disqus