iPhoneついに転落、XPERIAシリーズ4機種がランキング上位を席巻――携帯販売ランキング

apple-iphone-samsung-galaxy-sony-mobile-xperia

 BCNが発表している携帯電話端末の売れ筋ランキングが発表されました。夏商戦向けモデルのXPERIAやGALAXYの人気最新機種が登場。XPERIAシリーズが4機種もランクインし、上位をiPhoneが固める光景が、ついに大きく崩れました。

xperia-iphone

  1. Xperia Z2 SO-03F
  2. Xperia Z1 f SO-02F
  3. P-01F
  4. GALAXY S5 SC-04F
  5. Xperia ZL2 SOL25
  6. Xperia Z1 SOL23
  7. AQUOS Xx 304SH
  8. iPhone 5s 16GB(au)
  9. iPhone 5s 16GB(SoftBank)
  10. iPhone 5s 32GB(NTT docomo) 

 1位は堂々のXPERIA Z2 SO-03Fです。定価は8万円台の機種。発売日が21日であることを考えてもかなり売れていそうですね。XPERIA ZL2 SOL25は5位にランクイン。

 2位は昨年モデルXPERIA Z1f SO-02Fです。安定してランキング上位に居続けています。このところMNP特価で0円〜2万円程度で売られているところも見かけるため、他社からの巻取りも数字に貢献しているかもしれません。6位にもMNP向けに安くなっているXPERIA Z1 SOL23がランクイン。au独自デザインのSOL25ではなく、グローバルモデル準拠でアップデートも期待でき、価格もこなれたSOL23は、一般消費者としては改めて魅力的かもしれません。

 4位にはGALAXY S5 SC-04Fがランクイン。こちらも9万円と高価格ではありますが、それでも訴求できるGALAXYブランドの権威は健在です。一方、SCL23は31位に。やはりGALAXYブランドを初代から育ててきたNTT docomoと異なり、KDDIはGALAXY S初代やS4を出しておらず、性能を落としたS3 Progreを投入するなどGALAXYブランドには消極的であった面もあり、au内ユーザーの買い替えは進んでいないのかもしれません。

 7位は23日に発売されたばかりのSoftBankの夏モデルAQUOS Xx 304SHがランクイン。兄弟機AQUOS ZETA SH-04Fは11位に甘んじています。SoftBankは機種数を絞っているだけあって有利というのはあるかもしれませんね。

 8位、9位、10位でやっと各社のiPhoneがお目見え。前年の同時期ならiPhoneの勢いはすさまじいものでしたが、一括0円やキャッシュバックが止んだ今となっては、iPhone 5s / 5cは単に「発売から半年経った機種」なのですから、この程度が本来の勢いなのかもしれません。

 ちなみにキャンペーンで維持費が安くなることから、先週6位だったSTREAM Xは、今週は11位に。EMOBILEのAndroidスマートフォンでは珍しく売れていますね。

 今後も各社の夏商戦向けモデルが続々登場することから、ランキングの変動が予想されます。推移を見守りたいところです。

関連:XPERIA Z2 / GALAXY S5 / 2014年夏モデル / 進化点 / 記事まとめ

この記事にコメントする

comments powered by Disqus