本日発売:au版 XPERIA Z1 (SOL23) ハードウェアレビュー

sony-xperia-z-z1-zultra

  本日、KDDIより発売された「XPERIA Z1 SOL23」の紫色を購入しました。

 従来、SONY XPERIAのフラッグシップモデルはNTT docomoより発売されてきましたが、今回はKDDIからもフラッグシップであるXPERIA Z1が販売されることになりました。

 価格もやけに高いドコモ版のSO-01Fに比べて、au版のSOL23はグローバル版に準拠した正当な価格設定がなされており、さらにドコモ版よりも発売日が早いため、au版を購入することにしました。

 化粧箱は国内向けのXPERIAシリーズのそれを踏襲しています。簡素な作りですね。個人的にはグローバル版の化粧箱が好きです。

xperia-z-z1-z-ultra

  マグネットチャージャーが標準で付属しているのが嬉しいです。このため、充電のためにいちいち蓋を開け閉めする必要はありません。microUSBケーブルは例によって付属していません。

japan-kddi-au-xperia-z1-sol23-package

 価格はグローバル版準拠ですし、前面のロゴも当然そうです。本当にうれしいです。これだけでもSOL23を選ぶ価値があります。念願のキャップレス防水を実現しており、イヤホンジャックは剥き出し。

sony-logo-sol23-xperiaz1

 キャリアロゴは背面に小さく、さりげなく。下品さがまったくありません。

kddi-au-xperia-z1-sol23-logo

 Gレンズ搭載です。2070万画素というのは防水端末の中ではぶっちぎりの画素数です。予約しているレンズスタイルカメラがそろそろ届くので、そちらも非常に楽しみです。

xperia-z1-g-lens

 サイズはXPERIA Zより少しだけ大きいです。

sony-xperia-z1-z-ultra

 重量は171gです。Zよりも重く、Z Ultraよりは軽いです。厚みはZが7.9mm、Z1が8.5mm、Z Ultraが6.5mmです。

sony-xperia-z1-z-ultra-2

 体感上は、そこまで重たいとは感じません。むしろ、高級感に寄与していて、ギッシリ詰まってるなあ、という印象です。カメラ性能や3000mAhの大容量バッテリーを考えれば、納得もいきます。

sony-kddi-au-xperia-z1-sol23

 ベゼルは広め、ディスプレイはFull HDのトリルミナスディスプレイ。それぞれ最大輝度でディスプレイを比較してみました。(他が暗く見えるのは、明るいZ1に合わせているため。) Z1は明るく、正面から見たときはなかなか綺麗です。自分の個体はやや色温度が低め。写真を見るにはうってつけだと感じます。

xperia-z1-z-zultra-lumia920-iphone-5s-1(左からLumia 920, XPERIA Z Ultra, Z1, Z, iPhone 5s)

 Zと同じくVA液晶ですね。Zより改善が進んでいるものの、視野角は相変わらずです。ディテールが白く飛んでしまいますね。

xperia-z1-z-zultra-lumia920-iphone-5s-2

 ソフトウェアについても少し触れておきます。通知バーは2段で従来通り。なお、STAMINAモードとホワイトバランス調節は搭載されていませんでした。この点はちょっと残念。グローバル版とは異なり、アプリの起動履歴の右上に、「全アプリ終了」ボタンがあります。

xperia-z1-kddi-au-japan-software

 強化ガラスによる美しい筐体、オムニバランスデザインといったXPERIA Zの良さを継承しつつ、平井一夫社長の肝煎りでGレンズなどのSONYグループの資産を投入した、One Sonyのキャッチフレーズを象徴する本機種。

 初代であるXPERIA X1が、Sony Ericsonによる序章だとすれば、XPERIA Z1は、SONYグループの総力を結集する第二章の幕開けとでも言うべきでしょうか。グローバルモデルの良さを殺さずに販売を決断したKDDIの姿勢は称賛に値すると思います。(だからこそSTAMINAモードが無いのは惜しいし、ホワイトバランスモードも欲しい)

 Z1は大切に使っていきたいと思います。レンズスタイルカメラSmartWatch SW2のレビューも予定していますので、ご期待ください!

 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus