すまほん!!人気記事から読み解く、2015年注目ニュースまとめ。

 2015年の注目の話題を、すまほん!!の記事の人気順をもとに、1位から5位までまとめてみました。

1位 「無制限」謳い客を集め、不意打ちで通信制限する携帯キャリアが大炎上

ymobile

 2015年4月、Y!mobileのSoftBankへの経営統合が完了しましたが、これと同時に、Y!mobileが「無制限」と宣伝して販売したWi-Fiルーター305ZTに対して、突如として過酷な通信制限を掛けるようになり、大炎上しました。

 似たような事例として、UQ WiMAXのWiMAX 2+の通信制限についても集団訴訟が提起され、政府に請願書が提出される事態に。

 海外ではこのような携帯キャリアの「騙し討ち」については厳しい処置が取られています。通信分野における消費者保護の在り方についても議論する必要がありそうです。

 

2位 SIMフリー時代到来!!

sim-cards-mvno

 総務省の新ガイドラインによるSIMロック解除義務化を受け、2015年5月より新たなSIMロック解除制度が大手携帯キャリア3社で始まりました。

 ただし半年間SIMロック解除拒否や中古端末拒否など、問題の多い仕組みになっています。

 他にもプラン改悪罠付き特価期待外れのセット割など悪い話題も多い大手携帯キャリアを尻目に、盛り上がっているのがMVNOです。

 MVNOの販売する端末はSIMフリーです。AppleもSIMフリー版iPhoneをキャリア版と同時に発売するようになったほか、SONY、LG、ASUS、Acer、SHARP、富士通もSIMフリー端末を販売。今年はTCLAcer、そしてついにHTCもSIMフリー機を発売し、携帯販売会社テルルまでSIMフリー機発売を表明。まさにSIMフリーが盛り上がってきたのが2015年であったと言えます。

 SamsungもSIMフリーGalaxyを投入すると噂されており、2016年にも期待です。

 

3位 勝手に通信内容を劣化させるキャリアの「通信の最適化」

ntt-docomo-kddi-au-softbank

  携帯キャリアが画像や動画を勝手に劣化させていることが判明、大きな話題となりました。

 個別且つ明確な同意を取っていないことから、「通信の最適化」は違法である疑いは拭えません。当然、監督官庁である総務省はこれを是正して然るべきですが、今のところ本件に関する総務省の動きは伝えられていません。

 

4位 携帯料金値下げ

soumu

 首相の指示を受けた携帯料金値下げの議論。総務省有識者会議の誤った議論を元に、2016年1月以降、MNP優遇の規制や割安プランの導入が行われる見通しです。

 1位から4位を雑にまとめると、「総務省がまともに仕事をしていない」の一言に尽きますね。

 

5位 Windows 10 Mobile上陸!!

nuans002

  トリニティのNuAns NEO、ヤマダのEveryPhone、マウスコンピュータのMADOSMA、FREETELのKATANAなど、Windows 10 Mobile搭載端末が続々登場。

 AndroidスマホELUGA U2にVAIOロゴを載せただけで2万円高いVAIO Phoneが登場。株価も下がり、VAIOブランドを毀損しただけに終わりましたが……

 VAIOも、Windows 10 Mobile搭載機を開発すると表明しました。VAIO Phoneの雪辱を果たして欲しいところ。

 一度は終焉したWindows Mobileが、このようにWindows 10 Mobileとして帰ってきてくれたのは嬉しいですね。

 携帯業界が大きく動いたのが2015年であったと言えます。2016年も楽しみですね。

 

その他人気記事

この記事にコメントする

comments powered by Disqus